2010/3/9 火曜日

医学部新設と補欠繰上

Filed under: 入試情報 — スタッフ @ 17:14:26

2月21日付けの新聞に、「3私大、医学部新設検討」の記事が出ていた。検討しているのは、北海道医療大学、国際医療福祉大学、聖隷クリストファー大学の3大学である。特に国際医療福祉大学は「可能なら2011年度を目指したい」と話している。

07年度には7,625人だったのが、2010年度の定員は8,846人までになってきた。1,221名の増加である。今年は地域枠推薦もあり更に増えている。そこに私大医学部新設の話が出てきた。医師不足を名目に行政は医学部定員を増やし続けているが、果たして産婦人科や小児科、痲酔科、僻地の医師不足の解消になるのだろうか。先日は勤務医の給与改善に向けて医療報酬の改定があったが、東京のある私大の大学病院勤務で700万円前後という話もある。何としても高齢化社会に向けて、勤務医待遇の改善を節に願うばかりである。

国立医学部前期の合格発表が3月10日で完了するが、地元福岡大学医学部の補欠候補の方はどれだけ繰り上がりになるか、さぞかしご心配なことであろう。今日もある保護者から福大の補欠は何番までくらい繰り上がるかと問い合わせがあった。聞くとその方は10番以内と言うことであった。昨年、福大医学部は154名の正規合格を出し、繰り上がり合格は49番まで回った。しかし今年は95名と一気に合格発表を減らし定員より20名多いだけであったことと、試験日程も2月24日が二次試験日と組まれ、国立二次試験の前日にぶつけてきた。本校の国立受験者でも移動関係から、福大医学部二次試験を放棄した者もいる。福大もどれだけ流失するか読めないのかもしれないので、定員より20名多いだけの発表としたのだろう。いずれにせよ福大は国立受験組が例年より少し減ったのは間違いない。そうなると例年より繰り上がり合格者の数は減ることになるだろう。気になる方は大学へ補欠番号が何番まで回っているか、問い合わせしてみてください。福岡大学では今日何番まで回っているか答えてくれますから。

 

 

次のページ »

少人数・全寮制/医進専門予備校 新生学寮 ブログ
〒816-0943 福岡県大野城市白木原3丁目5-40 TEL 092-573-0203/FAX 092-573-0296
Copyright © 2002 SHINSEI MEDICAL PREP 医学部受験予備校