2012/7/28 土曜日

化学の実験

Filed under: 医進指導 — スタッフ @ 13:10:40

今日と来週の土曜日に2グループに分け化学の実験を行う。本日は第1グループを対象に行った。実験の様子は次の通り。

   

        

 

2012/7/24 火曜日

英語 朝テスト5

Filed under: 医進指導 — スタッフ @ 17:59:00

 新生学寮では7月21日(土)で第1学期が終わりました。

1学期の総括として、いつものように英語科の祝先生からコメント文が発表されました。以下は、祝先生のコメント文です。
 
MLB速報
 
 1学期が終わり、交流戦を含めてこれまで26試合消化しましたが、現時点でのランキングをとりあえず発表しておきます。交流戦後にダブルヘッダーが10試合ほど続いたことによって、過酷な試合日程になったことに対し、緊急評議会が開かれ、今年はメジャーリーガーの基準が18.8になるという決定がなされました。2学期に範囲が半分になることを考えると、現在ダブルA辺りにいる選手も頑張りようによってはメジャーが見えてくると思われます。
 
 1学期トップに立ったのはメジャーリーガーNM選手です。昨年ニューヨークヤンキースが西武の中島選手と契約を交わすところまで行ってドタキャンしたのは、実はこのNM選手と間違っていたことに気づいたから、というまことしやかな都市伝説が今巷では流れています。それほどバッティングに隙が無く、確実にヒットが打てる選手といえるでしょう。2学期の範囲が半分になることを考えると、ホームランの量産体制に入るのではないでしょうか。2位は交流戦MVPのYY選手です。交流戦の活躍からいって、ぶっちぎりのトップかと思われたのですが、交流戦優勝の喜びに浸っている間に、ライバルのNM選手に逆転されてしまいました。油断大敵ですね。3位は交流戦の不甲斐ない成績でファンから卵をぶつけられ、それによって目を覚ましたYS選手です。ホームラン王争いでは現在トップに立っています。イチローの4本よりも上ですからね。この選手も2学期に範囲が減るということで、ホームラン数を何本まで伸ばすか注目されています。4位はKS選手です。試合欠場が響いて4位まで下がってしまいました。5位は25戦目で試合を欠場し、「試合欠場はファンに対する裏切り行為だと思います。今後は這ってでも試合に出ます」という謝罪会見を開いたHY選手です。この会見で好感度がアップし、SMAPのキムタクを抜いてトップだそうです。6位は努力のYT選手です。最初にこの選手とキャッチボールした時には、プロでやっていけるのかなあと、心配だったのですが、努力に努力を重ね、ここまで上り詰めてきました。メジャーも狙えるでしょう。7位はAE選手です。交流戦でもいつの間にか商品をゲットし、ダークホース的存在になっています。8以はHT選手です。精密機械のように完璧なバッティングをすることから新生学寮のミスターパーフェクト、新生学寮のアーネストホーストと呼ばれています。(筆者の頭の中では…)9位TN選手です。今年4月に「昨年は自主トレをしすぎて失敗しました。やはり、キャンプに参加することで実戦力を身につけることが大事だと実感しました」と語っていた通り、スタートダッシュは素晴らしかったのですが、最近怪しくなってきました。王監督も心配していましたよ。10位は交流戦の男HK選手です。この位置で満足する選手じゃないでしょう。

2012/7/17 火曜日

英語 朝テスト4

Filed under: 医進指導 — スタッフ @ 13:42:26

   英語の朝テスト6/27 20試合(1/3)消化時点でのランキング

英語科の祝先生のコメント文です。生徒全員のランキング表が別にあるのですが、今回は割愛しております。

MLB速報
 

交流戦を含めてこれまで20試合(1/3)消化しましたが、現時点でのランキングをとりあえず発表しておきます。前回から昇格した選手、頑張っている選手をまずは紹介しましょう。
NM選手が0.2ポイントアップさせ、トリプルAからメジャーに返り咲きました。「もう戻って来られないかなあと思っていたのですが、松井秀喜選手のマイナー契約からのメジャー昇格を見て、私にもやればできるのでは、と思って頑張りました。諦めない気持ちというものを松井選手から教えられた気がします。」HT選手も0.2ポイントアップさせ、ダブルAからトリプルAに戻ってきました。この前の全統記述模試の英語でテッペンを獲った選手ですので、現状に満足せずにさらに上を目指して欲しいですね。「最近、英語が安定して得点できるようになってきました。これまでキャッチボールなどの基本を人一倍やってきたと思いますので、その成果がやっと出てきたのではないかと思います。自分を信じてこれまで諦めずにやってきてよかったです。」この2人に共通していることは地道にコツコツ積み上げていくことができるということですね。イチロー選手もこの2人の姿勢には感心しています。TK選手も0.4ポイントアップさせ、虎視眈々とトリプルA昇格を狙っています。逆に降格した選手は、TN選手が欠場が響いてメジャーからトリプルAに降格。OA・FM・YD選手がトリプルAからダブルAに降格。HM・IR選手が戦力外通告で解雇。TM選手がアマチュアの試合でエラーを連発して、監督の逆鱗に触れ、レギュラーの座を剥奪されました。以上の選手たちは「ないくそ~」という気持ちで奮起してもらいたいですね。次に上位で頑張っている選手を紹介しましょう。1位は欠場が響いて0.4ポイントのマイナスにはなりましたが、ホームラン3本、19.0ポイントのKS選手です。ヒット数でも13本で現在トップタイです。2位は交流戦MVPのYY選手です。ホームラン4本はすべて交流戦で放ったものですが、プロ野球の交流戦優勝チーム・原ジャイアンツよりも力は上ではないか、と言われています。3位は同じくホームラン4本でメジャーにカムバックしたNM選手です。ヒット数は13本でトップタイです。この3人が移動の際にファーストクラスを利用できるメジャーリーガーです。4位はHY選手です。最近スランプに陥り、王選手の下に指導を仰ぎに行ったそうです。5位は既にホームランを6本放ち、ホームラン争いでトップに立っているYS選手です。この選手は三振も多いので、それがなくなればメジャーに復帰できるのではないでしょうか。6位はTN選手、7位はYT選手、8位はHK選手、9位はAE選手、10位はHT選手です。10位迄は表彰圏ですのでダブルAの上位にいる人はトリプルAまで這い上がってきて下さい。イチローは3795本です。
 

 

 

 

 

 

 

次のページ »

少人数・全寮制/医進専門予備校 新生学寮 ブログ
〒816-0943 福岡県大野城市白木原3丁目5-40 TEL 092-573-0203/FAX 092-573-0296
Copyright © 2002 SHINSEI MEDICAL PREP 医学部受験予備校